So-net無料ブログ作成
東日本大震災 ブログトップ
前の10件 | -

ドイツTV局作成「フクシマのうそ」 [東日本大震災]

ドイツのTV局が福島原発を取材し、制作したドキュメンタリーです。
ナカ・ユキテルさんという原子力分野の会社社長さんに案内されて、ドキュメンタリーは進行します。途中、前首相の菅直人氏や前福島県知事の佐藤栄佐久氏も登場します。
福島原発を作ったGE(ジェネラルエレクトリック社:アメリカ)の社員であったスガオカ氏によれば、福島原発は大きな亀裂と共に、信じがたい事ですが蒸気乾燥機が反対向きに取り付けられており、事故以前から重大な欠陥があったという話。そしてその内部告発を取り上げなかった日本政府(当時は自民党)と原子力ムラのしくみについて。
驚くべき内容ですが、この事実を直視して前に進んで行かねばならないのが、現実のようです。

第二ドイツテレビZDF 「フクシマのうそ」(日本語字幕付き)

ジャーナリストの上杉 隆さんのサイトにも紹介されています。
http://uesugitakashi.com/?p=1203

政府の外国人無料招待 [東日本大震災]

2月16日(金)午後5時に、会津学鳳中学校に、ウクライナの女の子を迎えに行きました。外国から人が来るから、一晩3000円で泊めてくれと市役所に頼まれて、社長が受けたからです。よく調べてみると、なんと政府が日本の安全性をアピールするために外国人を無料で招待した、そのうちの一人でした。
女の子は、10日くらい前に日本に来て、東京や相馬、いわきを観光して来たそうです。いわきでは初めて温泉に入って、裸で入るので本当に驚いたそうです。それら全て無料です。外国人は216人くらいと言っていましたから、大変な金額になるでしょう。
今朝、17日(土)朝9時30日、集合場所である会津大学の駐車場に、うちの社長が送って行きました。ものすごく沢山の外国人がいて、いろいろな国の人がいたそうです。
社長の娘さんで、ポーランドにお嫁に行っている娘さんと、ウクライナの彼女がスカイプで話したのですが、「日本はこんなことにお金を使っている場合じゃないだろう?」と話していたようです。
皆さん、どう思われますか?

3.11福島県民大集会 [東日本大震災]



3.11、すべての犠牲者の方々へ、深く追悼の意を捧げます。

昨年の本日、私達を襲った地震と津波、そして原発事故は、耐え切れぬ大きな悲しみと大きな転機を私達に与えるものでした。

皆様はどのようにお過ごしでしたか。過ごし方や表現の仕方は人それぞれであっても、家族を想う気持ちであることだけは、きっと共通しています。

郡山市 開成山野球場で開かれた『原発いらない!3.11福島県民大集会』に参加してきました。

http://fukushima-kenmin311.jp/

会場に近づいてくると、警察官があちこちに配置されていました。



少し遅れて行ったので、会場はすでに満席。立ち見の人でいっぱいでした。



集会順序に沿って進行していきます。

『県民の訴え』では、浪江町のタチバナユウコさんがスピーチをされましたが、涙がでました。浜通りの人の痛切な想い、わかるでしょうか。スピーチの一言一言に、会場からは「そうだ!」「そうだ!」の声が飛び、時折拍手が沸き起こりました。ドイツからも人が来て、折鶴をプレゼントして下さいました。。「ダンケ!ダンケ!」と何度も叫んでいる人がいました。





行進へと向かいます。一万六千人と発表されましたが、実際にはもっと多かったと思います。外国のカメラマンもたくさんいました。世界中に報道するのでしょうか。



「再稼働?寝ごど言うな!」秋田より。



おばあちゃんの背中、「ゲンパツ反対」手縫いの文字でした。どんな思いで一針一針縫われたのでしょうか。



福岡、広島、和歌山などなど、日本全国の旗がいっぱい。旗の中には、こんな叫びもありました。



やっと動き出した行進の中には、車いすの人もおられました。







途中からは、雨が降り出しました。


福井県の原発再稼働に対して [東日本大震災]

弊社のお客様よりメールが来ました。福井大学の佐分利豊さんという方からの転送でした。それによると、大飯原発3、4号機の再稼働を認めないよう、日本中から声を寄せて頂きたいということです。
メッセージを送るひとつの手段は、福井県のホームページに置かれた「知事へのおたより」というメディアを利用することです。トップページの左側に西川知事の写真があり、その右下に「知事へのおたより」入口があります。
http://www.pref.fukui.jp/

また、福井県内の脱原発グループの動きの一端を、サヨナラ原発福井ネットワークのホームページで見ることができます。

http://www2.interbroad.or.jp/shimada/denuclear/nuclear-freehukui.home.html

また、14基の原発が集中する嶺南地方(県南・若狭)でも、脱原発依存を目指した新たな動きが始まっています。
http://blog.livedoor.jp/factory0523/archives/52372815.html

2月6日に開かれた県の市議長会で、敦賀市から出された原発堅持案が否決されました。http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/politics/32927.html

このメッセージを受け取られた皆さんからも、福井県の市・町の行政や議会に励ましのメッセージをお願い申し上げます。


肥田舜太郎医師の記事 [東日本大震災]

広島で被爆し、ご自身も被爆者であり、被爆者と共に歩んでこられた肥田舜太郎医師の記事です。
肥田先生は、「今の医者は、学問とか数値は知っているかもしれないが、生身の被爆者を診たことはことはあるのか。ないんです。」と仰っています。
【本文より】肥田さんは、生涯被ばく100ミリシーベルト未満ならば健康影響は不明という研究結果にも疑問を持つ。自分が長年診てきた、生身の被爆者とあまりにもかけ離れているからだ。

農業も同じです。お茶のみにくる農家さんたちの話・・・・・・
「悪りけど、大学で勉強したったって、そんだけでは、役に立たねだ。昔の話、営農指導員なんてのもそうだから。実際の農家の方が、なんぼか知ってんだ。」
「水でもそうだべした。あんな小っこい水路、流んにくって。あの倍はねエとだめなんだから。そういうの、わかんね人たちばっか、机の上で線引いてやっから、役に立たねだっつの。」
学問しても、現場の実際を知らなければ、ほんとうのことはわかりません。
だからこそ、肥田先生のお話に耳を傾けねばならないと思います。

Frying Dutchmanの反原発ソング [東日本大震災]

Frying Dutchmanの歌う、『human ERROR』です。

  http://www.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0&feature=player_embedded

社長:「これは、胸がスッとするなあ。けど、過激だなあ。」
事務員:「過激なんですか??ほんとのことをそのまんま歌っているだけでしょう。」
社長:「ほんとのこと、そのまま言うってのは、世間では過激になるんだよ。」

ふうん・・・・・・。ほんとのことなのにな。

放射性物質の測定結果 [東日本大震災]

この度、放射性物質の測定結果が揃いましたのでお知らせいたします。慎重を期して、以下の二つの民間検査機関へ依頼しました結果、いずれの検査も不検出となりました。

9月22日 つくば分析センター 不検出(検出下限20㏃の検査)          会津産玄米
10月7日 理研分析センター 不検出(検出下限1㏃の検査)
     会津産玄米

なお、検査結果の詳細はサイトトップページの『安心安全宣言』よりご確認いただけます。

一般に、放射性物質は玄米のヌカ層に溜まると云われておりますが、今回の検査はそのヌカを含む玄米から、放射性物質は検出されずという結果になりました。心を込めて大切に育ったお米、よいお知らせをできますこと、本当にうれしく思っております。結果をご確認の上、よろしければ今後ともお付き合いをお願い申し上げます。また、今後の日本全体の食の安全に関わる一つのデータとして、ご参考になれば幸いでございます。末筆ながら、皆々様の末永いご健康をお祈り申し上げます。

放射能情報 [東日本大震災]

児玉 龍彦さん(東京大学アイソトープ総合センター長)の著書『内部被爆の真実』(幻冬舎新書 本体価格720円)を参考に、主に内部被爆について少しですがまとめてみました。

【内部被爆】
・一番大きな問題は、癌が起きること。
・細胞分裂するとき、DNAは二重のらせんがほどけて1本ずつになって、それぞれが2倍に増えて、鎖が4本になる。この鎖が一本になる過程が、切れやすく、ものすごく危険。→細胞分裂の活発な胎児・幼い子供が危険。
・大人の受ける影響→髪の毛が抜ける・骨髄昨日の低下による貧血・腸管上皮細胞が傷ついて下痢になる。など、細胞分裂の盛んな細胞。
・放射線は、人間の遺伝子を障害する。人間の持つ2万5000個の遺伝子の内、DNA修復・DNA保護に関わる遺伝子(例えばP53)がある。これらがやられなければ修復されるが、やられると癌になる。
 大量の放射線 DNAをズタズタにして、細胞を殺す。(→癌治療に使われる) 
 低線量の放射線 DNAに変異を与える。 →癌など
低線量の放射線 → 分子が活性化 → 細胞が増える=元気になる?
それはおかしい!
細胞増殖が長期に続けば腫瘍になる。(=低線量の放射線を浴び続ければ腫瘍になる。)
 名称 何をするか   半減期  集まる場所  説  明
 プルトニウム α(アルファ)線を放出     肝臓 P53という、癌の発生を抑制する・DNAを守っている遺伝子を壊す 
 ヨウ素131 甲状腺に集まる   8日 甲状腺   甲状腺に異常をきたす。
 セシウム137 強いγ(ガンマ)線・β(ベータ)線を放出  30年  膀胱・尿管上皮 自然界にはなかった。原爆と原発でうまれて、水爆実験で広まった。 尿路系障害をひきおこす。
・内部被爆の線量が何ミリシーベルト以下とか言っても、放射線障害の予防には何の意味もない。それぞれの体内臓器・部分によってたまるのを調べないと意味がない。

【4つの提案】
①食品、土壌、水を測定していく。日本が持っている最新鋭の機器を使えば可能。食品検査には、もっと高性能の測定器がある。ゲルマニウムカウンターよりももっと高性能の、イメージング(放射線を画像として写せる機械)がはるかにたくさん開発されている。
②緊急に子どもの被爆を減少させるために、新しい法律を制定する。全国の国立大学アイソトープセンターには、最新鋭の機種を持っているところはたくさんある。それを活用できる法律を作る。
③国策として汚染土壌を除染する技術に、民間の技術を結集する。現地に除染研究センターを作る。例えば東レ・栗田工業・千代田テクノル・アトックス・竹中工務店などは様々なノウハウを持っている。
④除染を、利権がらみの公共事業にさせない。世界最高水準で除染を行う準備を即刻開始する。

また、付け足したいと思います。

放射能情報 [東日本大震災]

肥田舜太郎医師の講演会で配布された資料を、まとめました。



【重要な医療資料】

肥田舜太郎医師「子供を放射能から守る食事の工夫」




「子供を放射能から守る食事の工夫~肥田舜太郎氏講演会で配られた書類~」




広島で原爆に遭い、爆心地から5キロ離れていたために生き残られた、肥田舜太郎医師の



講演会で配布された資料を見つけました。ご参考になれば幸いです。








(1)落とす

1、水で表面や細かい隙間に入り込んでくる、汚れや土をよく洗い流す。

2、葉物野菜はよく水洗いし、30分水につけ、再度洗うとストロンチウムセシウムは水溶性なのでかなり落ちる。

3、ゆでる煮る酢に漬ける塩でもむなどで排出されやすくなる。




(2)早く排泄する 

便通を整えましょう。たまった不要物の75%は便として出て行きます。野菜や果物、芋類、海藻、こんにゃくなど食物繊維が不足しないように。とくにリンゴのペクチンがセシウムの排泄に有効。清浄な水、麦茶、番茶などで水分も補給



(3)骨や筋肉など体内に取り込まれにくくする。

放射性物質は性質の似たミネラルのふりをして体内に取り込まれます。放射性ヨウ素ヨウ素 セシウムカリウム ストロンチウムカルシウム プルトニウム鉄 海藻、野菜、青菜、大豆、カボチャ、枝豆などおすすめ 



(4)お茶、柿の渋、栗の渋に含まれるタンニン化合物。

植物に含まれるフラボノイド類など。昆布、柿の葉茶、番茶、野菜をたっぷりとるように。防御作用が強いのはみそ。熟成したみそ、納豆、発酵したした漬け物、梅干しなどは解毒し腸を丈夫に代謝を良くして修復回復力を上げる力がある。




(5)免疫力を高める。

基本は「日本の伝統食」長崎の秋月辰一郎医師の指導の元で生き延びた人々は、毎日玄米にごま塩ワカメのみそ汁カボチャの煮物梅干しに薬草茶などをたべていたそうです。砂糖や肉乳製品を減らし、ご飯にみそ汁に漬け物、野菜料理に豆腐や魚など、和食を心がけましょう。



免疫力を高める、いろいろな野菜をたっぷりとる 野菜の色や香りや苦みなどに含まれるポリフェノール、フラボノイド、イソチアシオネートなどがファイトケミカルです。強い抗酸化作用があり、体内被曝で発生する活性酸素の発生を抑える。



(6)取り込まれた放射性物質が排出されやすいように代謝を良くする 

水分の補給が大事。甘い水分冷たすぎる水分は代謝を悪くし回復力を落とすのでダメ。天然の解毒作用のある物質で放射性物質に結合して排泄する働きのあるもの。海藻に含まれるアルギン酸ナトリウム



                                                 


以下もご覧になってみては、いかがでしょうか。





http://alcyone.seesaa.net/article/217507815.html



http://bit.ly/nCh6Ty



http://togetter.com/li/167504







































放射能情報 [東日本大震災]

肥田舜太郎医師の講演会で配布された資料を、PDFにまとめました。
hida_important.pdf へのリンク
前の10件 | - 東日本大震災 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。